スキンケア

ストレス性ニキビは出来る場所で分かる!大人ニキビ予防完全マニュアル

ストレスによって出来るニキビには、他のニキビと異なる特徴があることをご存知ですか?他のニキビと違って、ストレス性ニキビは、出来る場所などに特徴があります。

特に、ストレスの量が増え始める20代~30代は、ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れによる大人ニキビが出来やすくなります。

そのため、思春期に出来るニキビとは異なり、ストレスによるニキビは原因の特定が難しいのです。今回は、ストレスによるニキビが出来る原因や出来やすい場所、そして改善方法をご紹介しますね。

ストレスでニキビが出来る原因3選

皮膚のバリア機能が低下する

人の肌は生まれつきバリア機能によって、外からの細菌から保護する力を持っています。しかし、過度なストレスがかかると、免疫細胞はストレス軽減のために働くため、肌のバリア機能を保つための免疫力が低下します。

ストレスがない状態だったら、自分の保護機能で何ともなかった細菌でも、ストレスが多いと、細菌に侵入されやすくなります。

その結果、肌の内部で菌が繁殖してしまい、赤くニキビが出来たりと肌トラブルにつながります。

男性ホルモンが増える

ストレスは、免疫力を下げるだけでなく、自律神経のバランスを乱し、男性ホルモンの分泌量を増加させます。

男性ホルモンは、ストレスと戦うために必要不可欠のホルモンですが、ニキビにとっては天敵です。なぜなら、皮脂の分泌量を増加させるからです。

その結果、ニキビの原因の一つであるアクネ菌が増加してしまい肌荒れとなってしまいます。

ペガ
ペガ
ストレスを感じてニキビが出来て…ニキビにストレスを感じて…またニキビが…悪循環になりそうだね…。

だから【大人ニキビは治りにくい】て言われるんだね!

ストレスは、腸の働きを低下させる

一見、腸はニキビに関係ないように思われがちですが、腸内環境は肌に必要な栄養素を送るために大切です。ストレスを感じると、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発化して、下痢をしやすく栄養の吸収率が低下します。この状態を【過敏性腸症候群】と言います。

また、逆にストレスによって便秘になる人もいます。便秘なると、蠕動運動が低下し、血の巡りやリンパが詰まりやすくなります。そして肌のターンオーバーが乱れてニキビが出来やすくなるのです。

ストレスは、ホルモンバランスや腸内環境を乱すことでニキビを出来やすくします。日ごろストレスを感じている人は、ストレスに対して何か対策をする必要があります。

ペガ
ペガ

僕もプレゼン前や大事な仕事の前だと、すぐお腹が痛くなるんだよね。それって肌にも良くなかったんだ…。

肌の事を考えると、ストレスとうまく付き合う必要があるんだね!

ストレスによるニキビができる場所は?

ストレスによるニキビは、顔の2か所(口周りと顎)に出来やすくなります。口周りや顎は顔の中でも皮脂が少なく、食生活などで出来るニキビではなく、中々治らない大人ニキビです。

また、ストレス以外にも疲労や風邪などを引いて免疫力が落ちた時に出来やすいのが特徴です。

最近、口周りや顎にニキビが良くできるなぁ…そう感じる方は、ここ2~3か月の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?もしかしたら、その肌荒れの原因が分かるかも知れませんよ。

ストレス性ニキビに対してNGな行動

ストレスニキビができてしまった時は、「つぶす」「触る」はNGです。

こちらに男性のニキビに特化した記事もありますので、あわせてご覧ください。

男の赤いニキビは治せる!自宅でニキビを治したいあなたへ中々治らない赤いニキビ。女性のみならず、男性も悩みますよね。小手先に今できたニキビを治すより、根本的に赤いニキビが出来ない方法を知りたくありませんか?赤ニキビが出来る理由・対策をまとめています。何度も出来る赤ニキビでお悩みの方は必見です。...
顎のニキビが治らない!次々できる男の顎ニキビの正体は?肌トラブルといったらまず出てくるのがニキビ。 思春期はもちろん、大人になると大きくて治りにくい「大人ニキビ」で悩まされる人も少なく...

ストレスによるニキビを予防するためには?

ストレスによるニキビは、スキンケアだけでなく、インナーケアも同時に行う必要があります。ストレスによる大人ニキビは、内側からの原因がほとんどです。しっかりと肌の保湿をしながら、体のケアもしてあげましょう。

ストレスによるニキビの予防策:スキンケア

ストレスによる大人ニキビのスキンケア:①保湿

肌は塵やホコリ、アレルゲン物質など、外部刺激をしないように保護しています。ストレスが多いと、肌のバリア機能が低下しているため、それらの刺激が内側まで侵入しやすくなっています。

そのため、ストレスを感じる人は、毎日の保湿作業が必要となります。化粧水や乳液には、肌のバリア機能の代わりをする成分が多く含まれています。そのため、皮膚バリアを補い外部刺激からより強固に守る働きがあります。

ストレスによる大人ニキビのスキンケア:②洗顔

ニキビの原因であるアクネ菌は、皮脂をエサに増殖します。これらがこれ以上悪さをしないように、余分な皮脂は洗顔で洗い流す必要があります。

「皮脂を落とさなきゃっ」とゴシゴシと洗いすぎは禁物です。手やタオルで擦る行為は、肌にとっては強い刺激となります。

そのため、優しく程度に洗うことがポイントです。下記の方法で行うと、肌を傷めずに洗顔することが出来ますよ。

おススメの洗顔方法

※シャワーは使用せず、手ですくって顔に当てるのがベストです。

  1. すすぎを10回行う(30~35℃程度のぬるま湯
  2. 洗顔フォームは泡だて器などでしっかり泡立てて使用する。
  3. Tゾーン(おでこ~鼻)に泡を付けて洗う(手でこするのではなく、泡で洗う)
  4. Uゾーン(顎~頬)に軽く泡を付けて優しく洗う
  5. 泡が行き届いたらぬるま湯でゆっくり洗う(決してゴシゴシしない)
  6. 洗顔が終わったら、タオルは当てるようにしてふき取る
  7. 保湿剤でしっかりと肌を保湿

ストレスによるニキビの予防策:インナーケア

ストレスによる大人ニキビのインナーケア:①ストレス発散

ストレスによるニキビは、ストレスを減らすことでニキビを治すことが出来ます。単純なことですが、ストレスをためる一方の人も少なくなくありません。

そのため、自分なりの趣味を見つけて解消することがおすすめです。また、これから紹介するインナーケアはストレス解消効果を持つため、自分なりの解消方法がない人は、下記の項目を実践してみては下さいね。

ストレスによる大人ニキビのインナーケア:②程度な運動

適度な運動はストレス改善効果だけでなく、血行促進効果があるといわれています。肌は細胞分裂が多い組織であるため、栄養を多く供給する必要があります。

血行が良くなると、顔の細部まで栄養を届けることが出来、美肌作りに貢献します。

運動が苦手な人は、ストレッチやヨガやウォーキングなど軽い運動から始めてみてはいかがでしょうか?

ストレスによる大人ニキビのインナーケア:③睡眠

睡眠不足はストレスにつながります。しっかりと睡眠を取ることで、自律神経のバランスが整い、ストレス性ニキビを防ぐことが出来ます。

また、それだけでなく睡眠時には成長ホルモンが多く分泌されます。大体入眠後3~4時間に分泌されるため、しっかりと睡眠時間を確保して肌のケアをしてあげましょう。

中々寝付けない人は、下記の事を実践してみて下さいね。

  • 寝る前にスマホをいじらない
  • 湯舟に浸かってから布団に入る
  • 寝る3~4時間前からご飯を食べない
  • ヒーリングミュージックを聞く
  • アロマを焚く

ストレスによる大人ニキビのインナーケア:④食事

ストレスは、栄養バランスの取れた食事を取ることで、軽減することが出来ます。特に効果的な栄養は、ビタミンCやビタミンB群などの抗酸化力が高い食べ物です。

それぞれの栄養が多く含まれる食品を下記にあげますので、食卓に取り入れてみて下さいね。

ビタミンCが多い
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • 大根
  • オレンジ、キウイ
ビタミンB2、B6が多い
  • レバー
  • 牛乳
  • チーズ
  • 魚肉
  • うなぎ
  • 納豆
  • ブロッコリー
  • 大豆
  • バナナ
  • サンマ
  • 豚肉
  • うなぎ
  • サーモン
  • タラコ

下記にコンビニで買えるニキビケアに効果的な食べ物を紹介しています。あわせてご覧ください。

コンビニで買えるニキビに効果的な食べ物は?食事療法で肌荒れを治そう!いつも、ニキビが出来ないように丁寧に洗顔したり、夜更かししないようにして生活しているのに、出来てしまうニキビありませんか? そんな...

最後に

いかがでしょうか?

ストレスによる大人ニキビは、化粧水や洗顔などの表面のケアだけでは治りにくいのです。内側からケアを行い、ニキビが出来にくい体作りをしてあげましょうね。

ペガ
ペガ

ストレス性ニキビには、原因に合った対策が大事だね♪

大人ニキビには、インナーケアも意識してスキンケアだね。